商標調査のコツ

商標登録をするのであれば事前に調査を行う必要があります。 - 商標調査のコツ

商標調査のコツ

商標登録をこれからしたいと思ったら事前に商標調査が必要です。
ここでは商標調査をするにあたってのコツについて見ていきましょう。

登録をしても認められないことも

例えばですが、商標登録出来ると思って手続きを進めたとしても、似ている既にある商品が登録されていれば、商標登録は認められません。これは意外とよくある話で、事前に白準備として、商標調査をしておかなかったことによってこのような時間やお金のリスクを作ることになると言われています。ですが、調査は素人でも簡単にできるものなのでしょうか。簡単には結論から言えばできないのですが、コツを掴んで行うことで自分でも調査できないことはありません。

商標を捜すサイトもある

特許情報プラットフォームという名前のインターネット上のサイトがあります。こちらを利用してこのサイト上で商標を探すことは可能です。しかしこれにだけ頼っていても実はよくありません。なぜならこのサイトはあまり使い勝手が良くないからです。その理由はキーワードを含んだ文字のみしか検索することができないからなのです。呼称が似ていたり、カタカナや英語表記になっている場合、同じ商品であっても検索の対象とならないので、実は既にあるのにも関わらず見逃されてしまうというデメリットがあります。また、商標登録するとなったら、その商標はどのような商品に使用するのか、カテゴリーのようなものを指定していきます。登録したい商品はなんなのか、例えば、それがお菓子だったとします。その場合はお菓子のカテゴリーに絞って商品を検索することになりますが、簡易検索の場合は、カテゴリーで絞込みができないので、お菓子とは関係ないカテゴリーしか指定していない既にある商標も検索対象となるので、なかなか絞り込んで検索することができません。簡易検索、これは、詳細な条件を指定せずにして先行商標が検索可能であるという点ではとても優れていると言われているのですが関係ないものも検索されたり、反対に関係ないものが見逃されたりするので、あまり使い勝手がいいとは言えないでしょう。ですから自分で検索をするときはイメージがどのようなものがある程度掴む程度にして調査する必要があります。

呼称検索に挑戦する

kiuloi
呼称検索で登録したいと思っている商標を使うものが、どんなカテゴリーに分かれているのかチェックしましょう。特許情報のプラットフォームのインターネットサイトを使って、インターネット上で商標をクリックして、その中に15ほど項目がありますので、9番目の、商品、役務名検索を開きます。そして商品、役務名のところのボックスに、自分がこれから登録しようと検討している商品の名前を入れます。例えば、それが食品だったら、カレー、ポテトチップ、チョコレートといったように具体的に名前を入れなければいけません。もしポテトチップなどの具体的な名前を入れないで食品と入れて検索をするとどうなると思いますか?入れて一覧表示というところを押して検索をすれば内容のチェックが可能です。そうすると食品単独では表示されないのではないでしょうか。もっと具体的に商品名を入れないといけないと思います。次に具体的にしてポテトチップと検索をしたとしましょう。リスト表示させると検索結果数が多いという場合には更に絞込みが必要です。次に商標出願の審査において、採用された商品・役務名のチェックボックスは除外した上で再検索すると、ポテトチップが見つかるはずです。ポテトチップが分類されているカテゴリーの区分名も出てくると思います。この区分は、出願の際の必要ですし、区分の後に出てくる類似群の数字は、称呼検索をする際に必要ですから覚えておくためにメモすることをおすすめします。
このようにして自分でも事前に調査は可能ですので、まずはやってみることから始めましょう。

Copyright(C)2016 商標調査のコツ All Rights Reserved.